小規模用の非常用電源装置を平成25年に開発して2年、現在、事業規模にも耐えられる製品を開発中です。

お客様にとって長時間停電しては困る設備は様々です。
この問題を解決すべく、必要な時間必要な電源を完全オーダーメイドにて供給致します。

非常時/常時切替電源装置

電気料金削減や長時間停電の対策を講じている企業や役所、病院、特老などの公共施設、もちろんご家庭でもご利用いただけます。

1.電気を太陽光で発電し、

2.蓄電池に蓄電します。

3.インバーターで 直流/交流 変換するので、電灯用にも、動力用にも使用できます。

停電知らずで電気量ゼロ※1な電源装置です。

※1 この電源装置からの電気は全て太陽光で発電し充電した電気を使用するため
(この装置ですべての電気機器の電気代が0になるという意味ではありません)

 

根本電興がこの非常用電源装置を開発する理由

「安心安全な社会づくりに役立ちたい」…

東日本大震災時に「こんな時にも自分たちに出来ることは何か」、

せめて停電時の不便を解消できれば、と考え、まずは、家庭用の電化製品や大規模でない事業用製品に使用できる小規模用の非常用電源装置を開発しました。

もともと、非常用電源は、事業用の非常に高価なものか、安価で少しの容量(家電等が数時間しか使用できない)のものしか出回っていませんでした。そのため、一般家庭や小規模事業者で導入できる価格帯で、実用に耐えられる容量を実現したのが、小規模用非常用電源あんしん君という製品です。

もともと、この製品を作ろうと思ったきっかけは、震災直後、電気設備の復旧に顧客先を回った際に、お客さんに言われた言葉がきっかけでした。

「この電源は使えないのか?」

”この電源”というのは、災害等で電源供給が途絶えた場合にも消防用設備を使用するための「非常電源(非常用発電機)」と、非常用照明、排煙機などの電源として使用する「予備電源(直流電源装置)」のことです。

この二つの電源は、災害時等に商用電源が遮断されても、消火栓、スプリンクラー、消防排煙設備などの消防用設備や、非常用照明などが適切に動作できるように電源を供給する設備です。消防法と建築基準法に定められ設置しているものであるため用途を変更し、任意の機械への電力供給はできませんでした。

全部の機械が動かなくてもいいから、せめて食材を容れている冷蔵庫だけでも、薬剤を入れている冷蔵庫だけでも・・・

「せめてこの機械だけ維持できれば」という悲痛な声を聞き、どうにか、できるだけコストを抑えて、災害時に停電が起きても機械の動作を確保できるものが作れないか…と開発に踏み切ったのがスタートでした。

まずは、家庭用の電化製品や大規模でない事業用製品に使用できる小規模用の非常用電源を開発し、現在は、大規模な事業用電気設備に耐えうる製品を開発中です。

約70年電気工事を続けている当社は、

  • 電気工事士、蓄電池設備整備資格者、消防設備士等有資格者が製造・施工し、高い精度を実現でき、
  • 装置の設計から制作、設置そしてメンテナンスまで一括して行うことにより、低コストでの開発、制作が可能

です。

製品化まであと少しのところまで来ました。是非、完成をお待ちください。

▲データ測定実験中

 

ご予約・お問合せ

お天道さんの恵みのご予約、お問合せは、こちら

お気軽にお問い合わせください。